こんにちは!
Re.Ra.Ku曙橋店です(*^^*)
いつも曙橋店のブログをお読み頂き有難う御座います!!

今回の知って得する健康情報は「骨盤を立てて座る重要性」について♪

リラクでも骨盤を立てるように座ると腰の辛さが緩和しますと説明することもありますが、そもそもどんな状態が「骨盤を立てる」ことなのでしょうか?
今回は座っているときに少しでも腰痛や肩こりを感じず仕事に集中できる為の座り方の重要性について!

骨盤を立てるってどうゆうこと??

「骨盤が立っている」というのは「骨盤が正しい位置にある」ということです。椅子に座った状態でも、骨盤を立たせることで、骨盤が正しい位置にある姿勢で座ることが出来ます。

骨盤の正しい位置

① 骨盤が左右水平になっている
  座った状態で肩・膝の位置が左右水平になっている姿勢を作ります。
  その時、骨盤が左右水平になっています。
② 骨盤がまっすぐ立っている
  座った状態で骨盤が立った状態の時、横から骨盤を見ると、
  ちょうどまっすぐ立った状態にあります。
  腰骨の出っ張りと恥骨のラインが一緒の時、正しい位置になっています。

骨盤が立っていない時のデメリット

① 疲れやすくなる
骨盤が倒れた状態で長時間重たい頭を支えながら椅子に座っていると骨盤に負担がかかり、腰痛、肩こり、疲労などの原因になります。
また、脚を組む癖や、左右に偏って体重を掛けてしまっている方も!

② 姿勢が悪くなる(骨盤や背骨のゆがみ)
骨盤を立てる座り方が出来ていないと言うことは、骨盤が後傾の状態になっており、上半身を支えられなくなります。そのため背骨をまるめることで頭を前にし、バランスを取るのです!!習慣化すると、骨盤や背骨の歪みにつながります。

③ 下半身が太りやすい
通常、骨盤の上に内臓が乗っかり支えています。
しかし、身体に負担のかかる姿勢を続けていると骨盤が歪んでしまいます。骨盤が歪むことで骨盤の上に乗っている内臓が下へ落ちてしまい、骨盤の中に集合してしまう状態になります。その結果、代謝や血流が悪くなり、太りやすくなります。

座り方を気をつけてもやっぱり疲れやすい・・・、腰が痛い・・・。
そんな方は曙橋店へ!!
気持ち良い〜〜力加減で腰周りの筋肉や、周辺の筋肉を緩めます!!


本日もRe.Ra.Ku曙橋店のブログをお読みいただきありがとうございました(*^^*)

マッサージや整体、リンパを流して老廃物を出して疲れを取りたい!
鍼治療はちょっぴ不安だからマッサージがいい!
仕事とスポーツの疲れをどっちもとりたい!
どこに行こうか悩んでいる方もぜひRe.Ra.Ku曙橋店へ♪♪
気持ち良い~ほぐしを体験しませんか?
(保険は適応外です。)

本日も曙橋店スタッフ一同、皆様のご来店をこころよりお待ちしております。