こんにちは!Re.Ra.Ku川崎ラチッタデッラ店です(*^^*)

今回の知って得する健康情報は『健康に良い果物の食べ方』について♪
フルーツが身体にいいということは、よく知られることですが、
実は食べるタイミングを考えないと便秘や下痢、消化不良などを起こす可能性があります。
今回は筋肉、ストレッチではないですが健康に関する果物を食べるタイミングについてご紹介します♪

果物を食べるのに良いのは食前?食後?

私も果物大好き人間なので食後のフルールをデザートとして楽しみにしていましたが、果物を食べるなら食前がオススメです!!!!
通常食べ物は2〜4時間で腸に流れていきますが、果物は30分ほどで腸まで運ばれていきます。
食後にフルーツを食べると、先に食べていた物と一緒に胃の中に溜まる状態になります。
そうなると、果物の酵素によって胃の中で発酵が始まり、栄養分が取れなくなったり、悪玉菌を増殖させます。
また、果物を食べることで、他の食物の消化が悪くなり胃の負担が大きくなります。
こうして、消化不良の原因に結果的に、胃もたれや下痢、便秘などの症状が出ることも。

果物を食べるのに最適なのは朝?夜?

果物を食べるなら朝が最適!!!!
夜食のフルーツもあまりよくありません。
夜は消化酵素の分泌が悪くなるため、糖分(果糖)の摂取を控えないと体脂肪が増え、内臓にも負担がかかります。また果物の食物繊維が、急激な血糖値の上昇を抑えるという説もあります。

特に朝の空腹時がおすすめ★
果物は消化がよく、すぐエネルギーに変換されるので、一日の始めに!
胃が空っぽなら、果物の栄養を余すところなく吸収できます♪
食前に果物を食べる場合は、30分ぐらいたってから食事を取るのがオススメです。

食べるタイミングを少し変えるだけで胃にも負担をかけずに美味しく食べることができます(*^^*)
いろんな果物を健康的に食べる為に果物は1、朝 2、食前を心がけましょう★★