ブログ画像

こんにちは!
Re.Ra.Ku川崎ラチッタデッラ店です(*^^*)
普段の自分の歩き方を気にしたことはありますか?
ガニ股になってしまっていませんか?
今回は、ガニ股の原因を解説するブログを書きました(*^^*)
がに股セフルチェック

まずはがに股かどうかセフルチェック☆ 

1 セフルチェックA 
腕を組んで脚を肩幅くらいに開き、つま先を45度外側に向けます。 
そのまま徐々に腰を落としていき、この時にヒザが「正面」を向いてしまった方はガニ股の可能性があります。 
2 セフルチェックB 
ガニ股は、体の外側に重心がかかってしまっているので、 
靴底のすり減っている部分も外側が多めになっている可能性があります! 
普段自分の履いている靴ものすり減り具合をチェック☆ 

姿勢不良

がに股は、医学的にO脚に股関節の外旋が加わったものと考えられています。
O脚:脚をきちんと閉じても膝が外に開いてしまう状態。
外旋:脚のつま先が外側を向くように動かす動き。
つまり、がに股は、膝が外に開きさらに外側に回転した状態です。

そして姿勢が悪い時にがに股になりやすい!!
猫背の状態では、座っているとき、立っているとき、背中が丸くなります。
すると骨盤は後ろに倒れてしまいます。
骨盤が後ろに倒れてしまうと、股関節のつくりで、外側にねじれるように開いてしまいます。

さらに、猫背(悪い姿勢)が習慣化することで、靭帯が緩む・脚の内側と外側で筋肉のバランスが崩れることが起こりやすくなります。

足トラブル(足裏)

歩いたり走ったりするとき人の体重は、以下の順番にかかっています。
踵 → 足の裏の少し外側 → 足の親指
このとき大切な部分が「土踏まず」

土踏まずはアーチ状のかたちをしていて、衝撃を和らげるクッションの役割をします。ですがこのアーチが崩れていると、極端に体重が内側にかかったり、外側にかかったりします。

オススメするのが『フットケア』
フットケアは足裏をアロマオイル・クリームを使って手の腹・指の関節でほぐしていきます。
足つぼやリフレクソロジーとはまた違うリラク系フットケアは足裏をほぐすのが初体験の方も気に入っていただけること間違いなし☆

マッサージや整体、リンパを流して老廃物を出して疲れを取りたいとどこに行こうか悩んでいる方も
ぜひRe.Ra.Ku川崎ラチッタデッラ店で気持ち良い〜ほぐしを体験♪