こんにちは!
Re.Ra.Ku川崎ラチッタデッラ店です!

今回の知って得する健康情報は「自律神経のバランスには良くないこと」について♪
自律神経は意識して変えることができないため、良かれと思っていたことが体へのダメージになっている可能性があります!
自律神経には良いと思っていたことも見直してみたら逆に疲れることばっかりかもしれません!私達の生活でありがちな習慣をまとめてみました。

自律神経に負担大!【気分転換の弾丸旅行】

ブログ画像

忙しい毎日から開放されたい!と1日の休みに旅行にでかけたくなりませんか?
実は、弾丸旅行だと自律神経の疲れは悪化してしまいます。

長時間の運転や移動で同じ姿勢を続けると、疲労物質が溜まりやすくなります。
また、温泉では何度も繰り返し入ることで体温調整のため自律神経がフル活動!
心は癒やされても体の中は疲弊してしまいます。

自律神経に負担大!【会議中飲み食いをしない】

ブログ画像

長時間の会議は、仕事効率を下げる&緊張感を維持するため交換神経が優位になり自律神経にも悪い影響が。
また、飲み食いをしないままだと血糖値が下がり、更に交感神経の働きを促進させてしまいます!
おすすめはつまみ食いと飲みのも持参!
胃腸を動かすことで副交感神経がオンになり、甘いもので血糖値を上げることで交感神経の興奮も和らげることができます。

自律神経に負担大!【大音量のアラームで起きる】

ブログ画像

突然大きな音が鳴り響くことは、反射的に身の危険のサインと勘違いし交感神経が一気にオンになります。
心拍と血圧が急激に上がることで自律神経にはダメージに。
予めカーテンやブラインドを少し空けて自然光に起きれるのがベストです!
また、夜ふかしは程々に♪

自律神経は、自分でコントロールすることができませんが、
呼吸・心拍・血圧・体温調整・消化吸収やエネルギー代謝を行っているすごく大事な神経です。

日々の生活を見直して毎日元気な体を作っていきましょう!

マッサージや整体、リンパを流して老廃物を出して疲れを取りたいとどこに行こうか悩んでいる方も
ぜひRe.Ra.Kuで気持ち良い~ほぐしを体験♪

本日もスタッフ一同皆様のご来店をお待ちしております!!☆