ブログ画像

こんにちは!
Re.Ra.Kuラチッタデッラ店です(*^^*)
今回の知って得する健康情報は「車の中でできる疲れ改善ストレッチ」♪

長時間運転での腰や背中の痛み。ドライバーさんや営業などお仕事では毎日運転をしなければいけない場合もありますよね!
そんな運転で毎回疲れを感じている方への簡単ストレッチをご紹介☆

腰痛が起きる原因ってなに?

ブログ画像

長時間運転による腰痛には、いくつか要因があります。シートが身体に合っていなかったり、座り方が間違ったりしていると、腰痛が起きやすいと言われています。
そして主な腰痛の原因は長時間運転による「血行不良」です。

立っているときには両足へと分散されていた上半身の重みが、座っている姿勢だと腰にかかります。しかも、運転中は身体が拘束されているので、長時間動くことなく体重がそのまま腰に集中、負荷が大きくのしかかってしまいます。
すると、シートに触れている身体の部位の血流が悪くなり、老廃物がたまり、それが神経を圧迫することで、腰痛が発生する可能性が高くなります。
運動が不足している方や、高齢になり腰まわりの筋力が衰えている方であるほど、腰痛が慢性化してしまう傾向があります。

ブログ画像
ブログ画像

腰痛解消ストレッチ
背中を丸めて首の後ろから背中を伸ばす
前びて背中を伸ばす
画像のようなストレッチ以外にも、
両腕を思いっきり上に突き上げるように、バンザイをして、その後、手を下ろす時に身体を脱力し、2回ほど深呼吸をします。
これを繰り返すことで、腰痛が和らぎます。
また、座ったまま、腰を前後に動かすストレッチも効果的です。

【意外と忘れがちな水分補給】
長時間運転による腰痛は、血行不良が主な原因です。
正しい運転のポジションでも、長時間の運転で腰や背中に負担がきます。
こまめな水分補給もすごく大切です♪