こんにちは!
Re.Ra.Ku川崎ラチッタデッラ店です♪

今回の知って得する健康情報は『辛いものが無性に食べたい原因』について♪

辛いものが食べたくなる原因【ストレスがたまっている】

辛いものが無性に食べたくなったとき、原因として最も身近に考えられるのは「ストレス」です。
ストレスが溜まってくると、身体のメカニズムにより、人は自然と辛いものを食べたくなるのです。
ストレスが溜まってくると、何か楽しいことをしたり、飲んで騒いだりして鬱憤を晴らそうとしますが、「強い刺激で不快感を打ち消そう」という心の働きが関係しています。

この「強い刺激」として、手っ取り早いのが「辛味」。
味覚の中で最も強い刺激である辛味、その正体は「舌が感じる痛み」です。脳科学などでは、ストレスによる心の痛みを舌の痛みで紛らわそうという働きから、辛いものが食べたくなるのだと言われています。
辛いものが好きだと思っている人の中にも、もしかしたらストレスが原因で辛味を求めている場合があります!

ストレスで辛いものを食べ過ぎてしまうという人は、何か他の方法でストレス発散できるよう工夫するのが良いかもしれません。
ただ、少し暑い時期には辛いもので元気を出すのも醍醐味です。
自分にとって程よい量をキープしつつ、美味しく元気に楽しみましょう!

マッサージや整体、リンパを流して老廃物を出して疲れを取りたいとどこに行こうか悩んでいる方も
ぜひRe.Ra.Ku当店で気持ち良い~ほぐしを体験♪

本日もスタッフ一同皆様のご来店をお待ちしております!!☆