こんにちは!
Re.Ra.Kuイトーヨーカドー能見台店です(*^^*)

今回の知って得する健康情報は「肩甲骨できれいになる理由」について♪

マッサージをうけると、「肩甲骨を動かして下さい」と言われたことがありませんか?
肩甲骨って一体どこ?と感じた方もいると思います!
巻き肩(猫背)姿勢だと脂肪もつきやすく、肩こりや首こりの原因にもなります。
ということで今回は肩甲骨に注目して巻き肩姿勢のデメリットと解消ストレッチをご紹介します♪

巻き肩姿勢ってどうゆうこと?

日本人女性で圧倒的に多いのが「巻き肩姿勢」です。
肩甲骨が上がり、外に開いた状態の姿勢のことです。
横から見ると頭が前に出た猫背姿勢で、肩が内側に巻いている状態のことを言います。

この姿勢が固まって習慣になってしまうと肩の関節や肩甲骨周りの動きが小さくなってしまいます。

動かさないところには脂肪が溜まりやすいので、背中にお肉がついたと感じている方は、実はこんな理由も隠されています(´・ω・`)

肩甲骨を動かして巻き肩解消!

巻き肩になっていると肩甲骨周りの筋肉が想像以上に伸びた状態になっていることが多く、肩甲骨周りについている細かい筋肉をしっかり動かすことが必要です♪
特に巻き肩姿勢の場合は、肩と肋骨をつないでいる小胸筋、肩と肩甲骨をつなぐ小円筋という筋肉を動かしていきましょう!

◎小胸筋:胸の上部外側にあり、肩関節と肋骨をつないでいます。
     肩甲骨を引き下げる役割があります。
◎小円筋:肩関節と肩甲骨の下部をつないでいます。
     縮むことで肩のポジションを後ろに引きつける役割があります。


・ エルボーダウン

壁に背中をつけて立ち、手のひらを前に向けて両手をバンザイします。
そこから手の甲は壁から離さずに肘を下ろして体にできるだけ近づけます。

・ メトロノーム

あぐらをかいて座り、腕を組むようにしたらその腕を頭の上にあげます。
(頭の上で腕を組む感じ)
そのまま左右に状態を傾け、メトロノームのような動きをします。

・ アームスクイーズ

あぐらをかいたまま、両手を背中の後ろで組みます。
肘を曲げた状態から、腕を絞るように両手を真下に引き下げます。
◎引き下げるときに肩甲骨を真ん中に引き寄せるように♪

肩甲骨が広がり猫背姿勢になっていると、必要以上に首肩や腕周りの筋肉が伸びてしまっているので、肩こり首こりの原因にもなっていきます。
正しい姿勢と背中の肉をへらすためにも肩甲骨周りをしっかり動かしていきましょう!