こんにちは!
Re.Ra.Kuイトーヨーカドー能見台店です(*^^*)
いつもイトーヨーカドー能見台店のブログをお読み頂き有難う御座います!!

今回の知って得する健康情報は「起床時腰の痛みを引き起こす原因」

普段はそこまで腰痛は気にならない方も、朝起きたときや、寝ているときに腰が痛くなることありませんか?
その腰痛は冷えと寝方が原因かもしれません!

起床時の腰痛の原因①睡眠時の冷え

午前4:00~6:00は最も体温が下がりやすい時間帯です。
私たちの身体は体温が下がると、熱を逃がさないように血流を減少させ、
体内の熱が外に逃げないようにする働きがあります。

その結果、疲労物質が流れにくくなり、筋肉が硬くなるので痛みが出やすくなります。
※朝起きた時に、わきの下とお腹を触ってみてお腹のが冷たかったり、
腰を触ると冷たい方は睡眠時の冷えが原因で腰痛が起こっている可能性大!

起床時の腰痛の原因②睡眠時の寝方

仰向けやうつ伏せ、横向きなど長時間同じ姿勢で寝ると、腰に負担がかかりやすくなります。

※重力によって内臓等の重さが腰にかかるため
内臓や内臓脂肪の重さは体重の約4割と言われているので、
体重60kgの人は約24kgが内臓の重さ。

仰向けで寝ると内臓の重さが常に腰にかかります。
横向きで寝ると左右のどちからに負担がかかるので、
骨盤が歪みやすくその結果、腰痛が起こりやすいです。

一番腰に負担がかかるのが、うつ伏せです。
うつ伏せで寝ると腰が沈み、お尻が出るので反り腰になる為痛みが出やすくなります。

起床時の腰痛の原因③睡眠時の寝返りの少なさ

睡眠中にしっかり寝返りが打てていれば問題ありませんが、寝起きで腰が痛くなる人のほとんどの原因が、上手く寝返りが打てていないからです。

一般的に睡眠中の寝返りは15~20回と言われていますが、腰痛が起きる方は10回以下しか寝返りができず、寝てる時に同じ姿勢が続き、腰痛が起こりやすくなります。
寝返りが打てない人は、子どもが隣で寝ている、狭いとこで寝るなど物理的な原因でない限り、体が固い為、寝返りがうてません。

◎◎寝る前やお風呂上りに体を捻るストレッチをすると効果的です◎◎
無理やり体を捻じると痛める可能性がある為、体の重さに任せて脱力するのが良いです。15~20秒で呼吸を止めないように、左右1回ずつ3セット行いましょう。

ぜひRe.Ra.Kuイトーヨーカドー能見台店で気持ち良い〜ほぐしを体験しませんか?

本日もイトーヨーカドー能見台店スタッフ一同皆様のご来店をお待ちしております!!☆