こんにちは
Re.Ra.Kuイトーヨーカドー能見台店です!

今回の知って得する健康情報は『特定の食べ物が無性に食べたくなった時の身体が伝えたいこと』

ドーナッツやキャンディー、ポテトチップスなど、
特定の食べ物をときどき無性に食べたくなったこと、ありませんか?
実はそれは、身体が何かを伝えようとしているサインかも知れません!
考えられるメッセージを今回はご紹介します!

<身体が何かを伝えようとしているサイン【チョコレートは、偏頭痛になりかけている】>

偏頭痛の予兆にみられる症状かもしれません!
頭痛が起こる3日前~数分前に表れます。
しょっぱいものや甘いもの、人によって食べたくなるものは違いますが、
特に一般的なのはチョコレート。

チョコレートは偏頭痛を誘発する原因にもなったりするそうなので
ナッツ系や別のものに代用しましょう!

<身体が何かを伝えようとしているサイン【氷は、鉄分不足】>

氷をバリバリ食べちゃう方いませんか?
氷をバリバリとかじり、異常なほどに食べる方は、鉄欠乏性貧血の可能性があります(>_<)
氷に鉄分は含まれないため、原因不明ですが、研究によれば
鉄欠乏性貧血の方は、氷を食べることで、注意力を高めようとしている可能性もあるみたいです。

鉄分を豊富に含んだ食べ物を積極的に食事に取り入れましょう!
例:レバー、プルーン、ほうれん草、ひじきなど。

赤血球を作るのに欠かせない葉酸やビタミンB12、ビタミンC、動物性たんぱく質などの栄養素も、きちんと摂る必要があります。


<身体が何かを伝えようとしているサイン【ポテトチップスは、水分不足】>

ポテトチップスが無性に食べたくなってしまう方は、水分が不足気味なのかもしれません。
ポテトチップスが食べたくなるのは、水分バランスに必要な
ナトリウム(塩っ辛いもの)を欲しているから。


体重を増やさずにしょっぱいものを楽しむために、ポテチの代わりに
ピクルス、ご飯に醤油をかける、野菜ジュースを飲むなどの方法がおすすめ☆

<身体が何かを伝えようとしているサイン【ジャンクフードは、睡眠不足】>

睡眠不足だと、ジャンクフードを食べたくなるという結果も出ているそうです!
睡眠が足りていないと、複雑な判断をする領域の活動が鈍り、より深いところにある脳中枢でごほうびを求める活動が活発化したとのことです。
(健康的な選択をするのが難しく、身体に悪いと分かっていても美味しいものを求めてしまう)

ポテトチップスやクッキー、キャンディーを食べたくなる衝動を抑える為に
1日7時間以上の睡眠がオススメです!


いかがでしたか?
私も無性に〇〇が食べたい!!という衝動にかられる時がありますが
素直にご褒美として食べず、代用することが必要な場合があります!
手軽に買えちゃう分、十分注意をしていきましょう(*^^*)

身体の中は食生活や睡眠で、身体の外はRe.Ra.Kuのメンテナンスで
健康的な生活を送りませんか?

本日もRe.Ra.Kuイトーヨーカドー能見台店スタッフ一同皆様のご来店をお待ちしております!!☆