こんにちは!
Re.Ra.Ku能見台店です(*^^*)

いつも能見台店のブログをお読み頂き有難う御座います!!

今回の知って得する健康情報は「自律神経の老化」について♪

自律神経は、体の様々な役割のサポートをしていますが、自律神経は老化することをご存知ですか?
今回は自律神経の老化について詳しくご紹介いたします☆

自律神経は老化する?!

年齢が上がるにつれて、疲れや老いを感じる機会が増えていきます。それは自律神経も一緒に老いていくことが要因の一つでもあります。
実は、ある研究では、10代以降から交感神経と副交感神経の活動は右肩に下がっていくことがわかったそうです。
活動MAXの10代と比べて、40代で1/2、60代で約1/4ほどまでに下回ります。

自律神経の老化の原因は?

自律神経の老化の原因が、有害な活性化酸素による酸化。

【 活性化酸素とは 】
生きる上で酸素の利用は必須!
呼吸によって体内に取り込まれた酸素の一部は、通常の状態よりも活性化された活性酸素となります。
ヒトを含めた哺乳類では、取り込んだ酸素の数%が活性酸素に変化すると考えられています。活性酸素は、体内の代謝過程において様々な成分と反応し、過剰になると細胞傷害をもたらします。

【 酸化はなぜ起こる?? 】
酸化を引き起こす原因は、紫外線、放射線、大気汚染、たばこ、薬剤ならびに酸化された物質の摂取などが考えられます。

自律神経を構成する神経細胞は、1度傷つけられると元には戻らないので、年を重ねるごとにダメージが蓄積され、自律神経の機能が低下していきます。

●自律神経に負担をかけないためには

特に30代からは、自律神経に負担をかけない緩やかな生活を送っていくことがポイントになります!

・ 規則正しい生活で早寝早起きを心がける
・ ストレスはこまめに発散する
・ 忙しい人はリラクで心と体をほぐす 笑

特に自律神経は体内時計もポイントになってくるので、太陽が沈んだら寝る、太陽が上がり始めたら起きるという生活をすることで自律神経を整えていきます。


日々の生活を見直して毎日元気な体を作っていきましょう!
私達能見台店スタッフもお手伝いします♪



本日もRe.Ra.Ku能見台店のブログをお読みいただきありがとうございました(*^^*)

マッサージや整体、リンパを流して老廃物を出して疲れを取りたいとどこに行こうか悩んでいる方も
ぜひRe.Ra.Ku能見台店で気持ち良い~ほぐしを体験♪

本日も能見台店スタッフ一同皆様のご来店をお待ちしております!!☆