こんにちは!Re.Ra.Ku能見台店です(*^^*)

今回の知って得する健康情報は『幸せホルモン!セロトニン』について♪

・考えがまとまらない
・疲れやすい
・イライラしやすい
・落ち込みやすい
・朝起きられない
・睡眠時間が長くなる
・食欲をコントロールできない
・体重が増える

これらの症状が当てはまった方はいませんか?


実は、「セロトニン」と呼ばれる物質が大きく関係していることがあります!!
では、なぜ体に変調があらわれるかをご説明します\(^o^)/

セロトニンのパワーとは?

セロトニンとは、脳内で働く神経伝達物質の一つで感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっています。

セロトニンが不足すると脳の機能の低下、心のバランスを保つことが難しくなり、ストレス障害やうつ、睡眠障害などの原因になりうることもあります( ゚д゚)

また、セロトニンは消化や排便、体温調節など、体の様々な働きに関わっています。

セロトニンを増やす為のポイント

■ 太陽の光を浴びよう

セロトニンには太陽の光が不可欠です!
紫外線などの影響も気になるところではありますが、適度に太陽の光を浴びることを意識しましょう。
光を浴びる時間の目安:1日20~30分程度で、特におすすめなのは朝の日光浴。
朝の光は体の目覚めのスイッチになり、体内の生活リズムを整える働きも期待できます。
不規則勤務の人や昼夜逆転の生活をしている人もなるべく太陽の光を浴びるように心がけましょう。

■ リズム運動をしよう

ウォーキングやスクワットなど、一定のリズムで同じ動作を繰り返す「リズム運動」によってセロトニンが増えます。また、食事のときによく噛むこともリズム運動のひとつです♪
運動が苦手な方も咀嚼なら簡単ですね♪(*´ω`*)

■ セロトニンが含まれる材料をとろう

◎トリプトファン:必須アミノ酸のひとつで、セロトニンの材料になります。
体の中では作り出せないため食物からとることが必要です。
⇒魚、肉、大豆製品、卵、ナッツ、バナナ

◎ビタミンB6:トリプトファンを合成されるために必要な栄養素です。
⇒魚(特にサンマやイワシなど)、肉、レバー、バナナ

◎炭水化物:脳の唯一のエネルギー源で、トリプトファンが脳内に取り込まれるのを助けます。
⇒穀類やいも類、果物、砂糖
※セロトニン不足のときには炭水化物を欲する傾向が見られますが、砂糖のとりすぎには注意!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Re.Ra.Kuイトーヨーカドー能見台店のブログをお読みいただきありがとうございました!

皆様のご来店を、スタッフ一同心よりお待ちしております\(^o^)/