こんにちは!
Re.Ra.Ku横浜ビジネスパーク店です(*^^*)

いつも横浜ビジネスパーク店のブログをお読み頂き有難う御座います!!

今回の知って得する健康情報は『有酸素運動と無酸素運動の違い』について♪

有酸素運動と無酸素運動の違いをご存知ですか?
ただ運動をすればいいというわけではなく、自分の目的によって有酸素運動が効果的なのか、無酸素運動が良いのか異なります。
今回はそれぞれの特徴や効果についてご紹介していきます★

有酸素運動と無酸素運動の違い【有酸素運動とは】

有酸素運動とは、軽~中程度の負荷を継続的にかける運動のことです。
酸素を使って筋肉を動かすエネルギーである脂肪を燃焼させることから
有酸素運動といいます。
脂肪を消費するため、体脂肪の減少や高血圧などに効果が期待できます。

どんな運動が有酸素運動?

体に貯蔵されている体脂肪を燃料とするため、長時間無理なく続けられる強度の運動があげられます。
例えば水泳・ジョギング・ウォーキング・サイクリングなどです。

有酸素運動と無酸素運動の違い【無酸素運動とは】

短い時間に大きな力を発揮する強度の高い運動を指します。
筋肉を動かすためのエネルギーを、酸素を使わずに作り出す運動のことです。
エネルギーの発生に酸素を必要とせず、糖をエネルギー源として利用します。
全力もしくはそれに近い筋力を短時間で発揮しやすいのが特徴です。

どんな運動が無酸素運動?

筋肉量を増やし基礎代謝を高める運動で
例えば短距離走・筋力トレーニング・ウエイトリフティング・投てきなどの
短時間かつ運動強度の高いものがあてはまります。

有酸素運動と無酸素運動の違いとは?

まとめると、
有酸素運動:酸素を使用し時間をかけて行う継続的な運動。
無酸素運動:酸素を使用せず短時間で行う強度の高い運動。

大きな違いとして、それぞれの運動で使用するエネルギー源と考えられており、有酸素運動では脂肪酸、無酸素運動ではグルコースが主に利用されています。

しかし、運動の強度や継続時間によっては、それぞれのエネルギー源が交代で使われることがあります。
例えば、マラソンは有酸素運動ですが、長時間走り続けるとぜいぜいと息があがってきます。このように運動の強度が上がると体内の酸素を通常よりも使えなくなり、無酸素運動をしている状態と同様と考えられます。

なので目的に合わせて運動強度も考えていきましょう(^^)
無理に息が上がる位走らなければならないというわけではありません★

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

みなさん、有酸素運動と無酸素運動の違いはわかりましたか
目的に合わせて運動を生活の中で取り込むことで
健康的な身体を作ることができます\(^o^)/!

ただ、運動をすると身体に疲れが溜まったり
運動不足の人は足が攣ったりと身体のメンテナンスも大切になってきます。

そんなときはRe.Ra.Ku横浜ビジネスパーク店!!!!
運動で疲れた身体をボディケア・フットケアでほぐして
運動のモチベーションを更に上げていきましょう★
いつもよりも頑張った自分へのご褒美としてRe.Ra.Kuで軽やかにしませんか?

マッサージや整体、リンパを流して老廃物を出して疲れを取りたいとどこに行こうか悩んでいる方も
ぜひRe.Ra.Ku横浜ビジネスパーク店で気持ち良い〜ほぐしを体験♪

本日も横浜ビジネスパーク店スタッフ一同皆様のご来店をお待ちしております!!☆