こんにちは!
Re.Ra.Ku横浜ビジネスパーク店です(*^^*)

いつも横浜ビジネスパーク店のブログをお読み頂き有難う御座います!!

今回の知って得する健康情報は『ストレッチポールの使い方:腰編』について♪

前回はストレッチポールを使って、肩・肩甲骨周りへのアプローチ方法をお伝えしました!
今回はストレッチポールを使った、腰周りの疲れを緩和する方法をご紹介☆
座りっぱなしや、立ち仕事等で緊張しやすい方は必見☆


ストレッチポールの効果とは?

バンザイストレッチ

① ストレッチポールを腰の位置に横に置き、寝転がります。
② 寝転がったらバンザイをするように両手を上にあげて伸ばします。

パソコン作業で慢性的な腰痛に悩まされている方にオススメ☆

※ 腰痛持ちの人が無理して伸ばすと、
  腰痛を悪化させてしまう恐れがありますので注意が必要です。

腕を伸ばして前後にゆらゆら

① ポールに対して体は垂直にします。
② 脇の下にポールを当てるように横になり、手は伸ばします。
③ そのまま、からだを前・後にゆらゆらとゆらします。
④ 張りの強い箇所は動きを止めて深呼吸!

※ ヘルニア・圧迫骨折などの場合は痛みを悪化させる
  可能性があるので実施✕
  最中に痛みが強いようであれば中止します。

一見、腰ではない腕に対してのストレッチのように見えますが、
実は広背筋という腕の方から肩甲骨・背中・腰に繋がる筋肉がついている部分なのです。
腰の部分をいくらほぐしても、筋肉くっついているスタート・ゴール地点をほぐさなければ筋肉がほぐれない場合もあるからです\(^o^)/

また、腰まわりは骨盤・下肢へと繋がっていることもあり足元や臀部等を伸ばすことでも効果的です◎


次回は肩・腰以外で簡単なストレッチ方法をご紹介致します(*^^*)!!



本日もRe.Ra.Ku横浜ビジネスパーク店のブログをお読みいただきありがとうございました(*^^*)




マッサージや整体、リンパを流して老廃物を出して疲れを取りたいとどこに行こうか悩んでいる方も
ぜひRe.Ra.Ku横浜ビジネスパーク店で気持ち良い~ほぐしを体験♪

本日も横浜ビジネスパーク店スタッフ一同皆様のご来店をお待ちしております!!☆