こんにちは!
Re.Ra.Ku横浜西口店です(*^^*)
いつも横浜西口店のブログをお読み頂き有難う御座います!!

今回の知って得する健康情報は「前脛骨筋の筋肉」について♪

前脛骨筋とは、足の脛の部分の筋肉ですが、ここが疲れたり、張ってしまうことで冷えやつまずきやすくなる場合があります!また間接的に肩こりの原因にもなります…。
今回は「前脛骨筋」についてご紹介!

脛の筋肉と肩こりの関係性はこちら
スネの疲れを残すと肩こりにもつながる


前脛骨筋ってどこの筋肉??

 

前脛骨筋ってどこの筋肉??

前脛骨筋は下腿部前面にある筋肉です。
(拮抗筋は腓腹筋・ヒラメ筋)

拮抗筋とは互いに相反する運動を行う筋肉・筋肉群のこと。
拮抗作用は、筋肉が円滑な運動をするうえに重要な役割を果している。

前脛骨筋の主な動きは、
① 足の内反(足首を内側に曲げる動作)
② 足関節の背屈(つま先を持ち上げる動作)

《 普段の生活で使われる動作 》
・歩行
・ランニング
・階段の上り下り
・ボールを蹴る


前脛骨筋ストレッチ

 

前脛骨筋が固くなってしまうことで、筋肉が硬くなると、つま先や足が上がりづらくなり、つまずきやすくなります。
また、足の先端は毛細血管で張り巡らされています。前脛骨筋が硬くなると、毛細血管に血液が流れにくくなり、冷え性につながります。

しっかりハリ感をとって上記のデメリットを解消するために
前脛骨筋のストレッチをご紹介します!!

前脛骨筋のストレッチ①

① 座った状態であぐらをかくように脚を開いて足の上にせます。
② 手で足首を伸ばして、足の甲〜スネの筋肉を伸ばします。
足首を伸ばしてから、つま先の方向を上下に調整すると、伸びる場所を調整できます。

前脛骨筋のストレッチ②

① 椅子に座り、つま先を床に引っかけて足首を伸ばします。
② 足首を伸ばしたまま、足の甲〜スネの筋肉を伸ばします。
足の甲の親指側、小指側に体重をかけると伸びる部位を調整できます。

番外編★前脛骨筋ほぐし

サランラップの芯で足首の上〜膝の下あたりに転がしてマッサージします。

それでもなかなか疲れがとれない方には
リラクのボディケア・フットケアがオススメです!!
フットケアでは30分から脛の筋肉に対してアプローチをしていきます。
ただ、基本的には足裏がメインになるので、40分〜60分がオススメです♪

また、ボディケアの仰向けでも脛周りの筋肉をほぐしていきます。
フットケアとは違うボディケアでの指圧なので
時間がとれる方は、ボディケア60分+フットケア40分が◎


本日もRe.Ra.Ku横浜西口店のブログをお読みいただきありがとうございました(*^^*)

マッサージや整体、リンパを流して老廃物を出して疲れを取りたい!
鍼治療はちょっぴ不安だからマッサージがいい!
仕事とスポーツの疲れをどっちもとりたい!
どこに行こうか悩んでいる方もぜひRe.Ra.Ku横浜西口店へ♪♪
気持ち良い~ほぐしを体験しませんか?
(保険は適応外です。)

※ 現在こちらの店舗は休業中です。下記近隣の店舗をご利用くださいませ

 

企業情報

私たちRe.Ra.Ku はリラクゼーションスタジオを運営しております。
揉みほぐし×リラクゼーションだけでなく、
経験豊富なスタッフがあなたのお悩み解決をサポートいたします。
肩のお疲れや腰のお疲れはもちろん、
気になることはなんでもおっしゃってくださいませ^^
皆様のご来店を心よりお待ちしております♫


 

周辺店舗はこちら

Re.Ra.Ku 横浜ベイクォーター店
Re.Ra.Ku 横浜ビジネスパーク店
Re.Ra.Ku 横浜ランドマークプラザ店