こんにちは!
Re.Ra.Ku横須賀モアーズシティ店です(*^^*)
いつも横須賀モアーズシティ店のブログをお読み頂き有難う御座います!!

今回の知って得する健康情報は「寝る前は温めのお湯が良い理由」について♪

睡眠の質を上げるため、寝付きを良くするためには、寝る前の少し前にぬるま湯お風呂に使ると良いと聞きますが、それはなぜでしょう?
今回は体のメカニズムと一緒にご説明していきます。

睡眠の質に入浴が関係している理由

入浴することで疲れがとれる・血行がよくなる・リラックスができるので
ぐっすりと眠ることができます。
しかし寝る直前にお風呂に入ると、目が覚めてしまったり、なかなか寝付けなくなり、眠れなくなってしまうことがあります。

眠くなるポイントは「深部体温の低下」!!

人は体温が下がると眠くなるという性質があります。
夕方以降は徐々に深部体温が下がっていき、夜になるとさらに下がり、
自然と眠くなっていきます。
そのため寝つきをよくするために、身体の深部体温を下げる必要があります。

① 入浴は寝る1時間前までに
  深部体温が下がるのはだいたい1時間ほどかかります。
  寝る時間から逆算して入浴することが大事です。
  
  寝る直前に入浴してしまうと、深部体温は上がったままで、下がらず
  眠くならなかったり、寝付きが悪くなったりします。
  寝る前の温まりすぎには注意

② 入り方で違いが出てくる「入浴」
  ◇「全身浴」
  首を温めることで、自律神経や内臓の血液が流れリラックス効果に♪

  ◇「半身浴」
  みぞおちあたりまで浸かる入浴法です。
  全身浴よりも長時間浸かれるので身体の芯から温めることができます。
  心臓にも負担をかけないというメリットがあります。

その日の体調に合わせて、入り分けしてみるといいでしょう。

深部体温を下げるためのポイントは「ぬるま湯」

深部体温はその名の通り、体の内部の体温です。
入浴で深部体温を一旦上げることで、その後下がりやすくなり、
体の表面から熱を逃がして眠くなるきっかけをつくります。
そのため熱めのお湯よりも40度位の「ぬるめのお湯」がオススメです。

例:お肉全体に火が通るようにするためには、弱火でじっくり中まで火を通しますよね♪
強火では表面は焼けてOKでも、中には熱がまだ届かない状態。
また、熱めのお湯では交感神経を刺激し、余計眠りにくい状態を作ってしまいます。

好みの香りの入浴剤やアロマオイルを使うと、よりリラックスして
自律神経も交感神経から副交感神経優位に切り替わり、快眠にも◎

時間がない〜〜という方は足湯だけでもOKです♪

なかなか寝付けない方は、まずは入浴から1時間ほど空けてから寝るようにしてみましょう。1時間前でも寝付けないという方は、深部体温が下がる時間が遅い方なのかもしれません。1時間半前、2時間前と時間をズラして調節してみるのがオススメです!
安眠につながりますので、ぜひ自分に合った入浴タイミングを見つけましょう。


本日もRe.Ra.Ku横須賀モアーズシティ店のブログをお読みいただきありがとうございました(*^^*)

マッサージや整体、リンパを流して老廃物を出して疲れを取りたい!
鍼治療はちょっぴ不安だからマッサージがいい!
仕事とスポーツの疲れをどっちもとりたい!
どこに行こうか悩んでいる方もぜひRe.Ra.Ku横須賀モアーズシティ店へ♪♪
気持ち良い~ほぐしを体験しませんか?
(保険は適応外です。)

本日も横須賀モアーズシティ店スタッフ一同、皆様のご来店をこころよりお待ちしております。