皆さま こんにちは!店主Tです。

ここのところ連続での登場・・・残念に思わないで、お付き合いください(~_~;)

さて、上の写真・・・

我がサンポップマチヤ店の店舗前にある☆☆☆A看板☆☆☆です
なかなか斬新でキャッチ―でしょう~\(^o^)/
もちろんヤマサキ画伯の書体で作成されました。
これを出してから、店舗前で「肩甲骨?」「はがす?」「私のはどう?」などと聞いてくださる方が
何人かいらっしゃいました。
看板を見て、施術を受けていかれる方もいらっしゃったのですよ!
まぁ~そのためのA看板といえば、そのとおりなのですが、皆様「肩甲骨はがし」
「ボディケア~解し」の関係に疑問や興味を持たれたようで、嬉しい限りであります(^_-)-☆

今回はこの「肩甲骨はがし」について・・・言葉のインパクトはありますが、危険なことではなく
お身体にとっては良いことずくめなのです!

(1)「肩甲骨」とは?
胸郭背面の上外側部にあり、体表からその外形にほぼ触れることができる三角形状の薄い
扁平骨(へんぺいこつ)である。左右対称で、第2から第7肋骨(ろっこつ)間にわたって
位置している。胸郭の他の骨格との直接の連絡はなく、主として筋肉(17個)によって
胸郭背面に保持されている。(引用:日本大百科全書)
肩甲骨肩峰が鎖骨と関節し肩鎖関節をなし、上腕骨と関節し肩関節をなす。
⇒広義の肩関節は肩甲骨を含むので、肩甲骨は鎖骨のみで繋がっているともいえる

端的に言うと上の「クルクル骸骨」の赤い部分です(^o^)
背中の一対の三角形の骨で、骨としては鎖骨でのみ繋がり、17個の筋肉を繋いでいる。

(2)肩甲骨を「はがす」とは?
「肩甲骨はがし」は、「肩甲骨のまわりの筋肉を刺激してほぐす」という目的で、ボディケア
やストレッチを行うことです。痛いのに我慢して無理やり行うのではなく、各人の肩甲骨の
状態に応じて、「継続的かつ安全」に「柔軟性を高め」て「可動域を広げ」ていきます。

(3)肩甲骨をはがすと「何が良い」のか?
17個の筋肉を繋いでいる肩甲骨は、「はがす」=「ボディケア(ほぐし)、ストレッチ」によって
可動域が広がります。同時に繋いでいる筋肉の多さから繋がっている各部位の本来の機能が
戻り、首・肩・腰など全身の筋肉が柔軟に動くようになり、血行促進が期待でき、疲労回復に
役立ちます。
本来あるべき位置に肩甲骨が収まり、可動性が良い状態に戻ると首や肩、胸、骨盤との
バランスの改善が期待されて、姿勢やゆがみの矯正にも役立ちます。

~という訳で、このブログを読んでくださって、「肩甲骨はがし」にご興味をもたれた方、試して
みようかな?と思われた方は、是非お電話にてご相談ください!!

*******************************************************************
☆☆☆ご予約はこちら☆☆☆
店舗:03-6807-6264 (受付10:00~20:00まで)
予約受付センター:03-4540-6336
オンライン予約:http://reraku.jp/studio/machiya/
(24時間OK)
営業時間:平日・土日・祝日 10時~20時30分
********************************************************************