こんにちは、いつもご利用ありがとうございます!
三軒茶屋店スタッフの神代です。

皆さん、突然ですが、寝る時どのようにして寝ていますか?
仰向け、横向き(右、左)、もしくはうつ伏せという方もいらっしゃるかもしれませんね。
実は、この寝る時の向きによって、身体にも様々な影響が出るのです。

仰向け
1番理想的な体勢とも言えます。身体にかかる圧力が均等になり血液が循環しやすいのです。
また、寝返りも打ちやすく呼吸が深くなり快眠を促します。(プラスで両手を広げた方が熱を放出でき、ぐっすり眠れるそうです)

横向き
横向きは気道が塞がることを防ぎ、いびきや睡眠時の無呼吸を軽くします。

右:心臓の位置が上になり、負担が軽減されます。また、胃や腸など消化器の出口が右側にあるため、消化器の働きをよくする効果もあります。

左:左側は身体のリンパが集中しているため、リンパ液の分泌を促します。従って、老廃物や体内の毒素を排出する効果があります。

うつ伏せ
心臓やお腹を圧迫し、熟睡ができないことも。
さらに、顎にかかる重さが大きいため歯並びや顎に影響を及ぼします。

勿論、各々好みがあるため、参考までにして頂けると幸いです。
それでは、皆さん、自分に合った姿勢で心地の良い睡眠を♪