頭痛、腰痛、内臓疾患など、原因がわからない不調はありませんか?
もしかしたら、それは冷え性からの不調かもしれません。

冷え性は、「全身」の血流が悪化している証拠。
だから「冷え性は、万病のもと」と言われています。

平熱が35℃台の方もいると思います。
風邪をひいたときに、高熱になるのはウイルスと戦うため。熱が上がれば上がるほど、ウイルスを退治することができるんです。


ただ反対に、体温が低いと、戦うチカラが弱いということ。
体温が35.5℃を切ると、自律神経の働きが低下し、老廃物を出すチカラも弱くなります。
体温が35℃まで下がると、ガン細胞の繁殖がもっとも盛んになるそうです。
36℃。~36.5℃をキープしたいところです。

   {冷えの主な原因}
      ・ダイエット
      ・運動不足で筋力が下がり、代謝が下がる
      ・筋肉のコリによる血流障害で身体の隅々までまで血が運ばれていない
      ・自律神経の乱れで体温調節がうまくかない                   などなど

   {日常生活で注意すること}
      ・ 南国の果物、夏野菜は体を冷やします
      ・ 根菜類など冬が旬の野菜を加熱調理して積極的にとりましょう
            しょうがも加熱した方が体を温める成分が増えるそうです
      ・ 身体を動かして筋肉を増やすことも重要!
      ・ 身体を締め付ける下着なども血液循環が悪くなるのでほうが避けた方がベター
      ・ 入浴は湯舟にしっかりつかってください
           38度の湯に10分つかると1度体温が上がります

どれも生活習慣の改善にあたり、即効性はありませんが、じわじわと根本から冷えを予防&改善していきましょう。。

━━━━━━━━━━━━━━━……‥・☆★☆

マッサージよりも気持ちいい!
『肩甲骨ケア&ストレッチ』を取り入れたリラク系ボディケア♪
Re.Ra.Ku 西新井トスカ店

平日:10時~21時
土日祝日:10時~20時

東京都足立区梅島3-32-6 西新井トスカ東館1F
西新井駅東口から徒歩0分!!

03-5888-6533