いつも心に笑顔と筋肉を。
リラク小田急マルシェ伊勢原店の吉田です。

本日は健康情報のコーナー。

女性も男性も、多くの方が頭を悩ますダイエット。
お客様と話をしていても、やっぱり関心のある方が多いですよね。

太りすぎは、身体にとって様々なデメリットがあります。
体重が増加すれば、それだけで膝や腰への負担も増えます。
また身体の体積が増えれば血液の量が増えるので、高血圧の原因にも。
他にも、増えすぎた体重や太りやすい生活習慣が、さまざまな不調や病気につながる可能性があるということは、皆さんご存知かと思います。

実を言うと僕も現在ダイエット中。
僕の場合はメンズフィジークというコンテストに向けての減量ですが、昨年は3ヶ月で6キロ。
今年は5か月で10キロの減量に成功しています。

ダイエットは上手く行えばストレスなく、健康的に行っていくことができるものです。
そして痩せるだけでなく、身体も心も健康になっていきます。
しかし、やり方を間違えば、毎日酷いストレスに悩まされ、お肌や髪もボロボロ、ホルモンバランスもめちゃくちゃなんてことになりかねません。

そこで今回から吉田のターンでは、健康的に美しく痩せるためのダイエット法について書いていきます。

1回目はダイエットの方法と、体重が落ちる仕組みについて

 

体重が落ちる仕組みをしっていますか?

ダイエットをしたい、でもなかなか体重が落ちない。
当店のお客様の中にもそんな方は多くいらっしゃいます。

まずはダイエットとは何かと言うところからお話していきたいと思います。

ダイエットは、ただ体重を落とすことではありません。

ダイエットとは体脂肪を落とすことです。

体重を落とすだけなら、サウナスーツを着て走っていれば1時間で数キロ落とすことも可能でしょう。
でも、それだと落ちた体重の9割以上が水分です。
水分で体重が落ちたところで、水を飲めばすぐに元に戻ってしまいます。
計量前のボクサーには必要なことですが、一般人には何の意味もないですよね。

脂肪を落とすことで痩せることができるのです。

 

体脂肪を落とすために必要なこと

ダイエット=摂取カロリー<消費カロリー

おおざっぱに言うと、これが出来ればダイエットは成功しますし、できなければ失敗します。
摂取(吸収)するエネルギー量よりも、消費するエネルギー量が多い状態。
この状態になれば、不足したエネルギーを身体に蓄えた脂肪から賄う事になるため脂肪が落ちます。

 

脂肪は1キロ7200キロカロリー

脂肪は1キロあたり7200キロカロリーです。
計算上は7200キロカロリーマイナスにすれば、体脂肪が1キロ落ちます。

つまり1ヶ月で1キロ落としたければ

7200キロカロリー÷30日=240キロカロリー

1日あたり240キロカロリーを30日間マイナスにし続ければいいのです。

これは、ご飯をお茶碗に軽く1杯150gのカロリーです。
案外少なくないですか?
これは今の食事や運動量からではないですよ。ご自身の1日の消費カロリーから240キロカロリーマイナスにしてくださいね。

つまり今の1日の消費カロリーが3000キロカロリーなら2760キロカロリーまで食べられますし。
1日1600キロカロリーの消費なら1360キロカロリーまで減らす必要があります。

1日の消費カロリーは、身長や体重、生活習慣によって大きく変わります。
こちらのサイトで大雑把に計算できるので、試してみてください。

こういう自動計算サイトって便利ですよね。

僕の場合は日によって、2400~3000キロカロリーくらいでした。

 

全てのダイエット法は2つの種類に分けられる

あらゆるダイエット法は

  1. 摂取(吸収)を減らす
  2. 消費を増やす

のどちらかに分けられます。

または両方ですね。

個人的には両方を行うのがおすすめですが、片方だけでもダイエットは出来ます。

 

摂取を減らす

これは主に食事の制限です。

低糖質ダイエット
低脂質ダイエット
置き換えダイエット

これらはすべて、カロリーを制限するために行うものです。

ダイエットの栄養学についてはまた後日アップしますが、ダイエット中はタンパク質はしっかりと取るようにして下さい。
タンパク質が不足すると筋肉量が減少しやすくなり、代謝が低下。そしてリバウンドを引き起こしやすくなります。

なのでダイエット中の食事では、主に脂質と糖質を減らしながら、カロリー収支をマイナスにしていくことになります。

 

 

消費を増やす

消費を増やすためには運動や食事の改善、生活習慣の改善などの方法があります。
運動についてはまた別の生地で詳しく書きたいと思います

・睡眠時間を十分にとる事
・バランスのとれた食事をとる事
・腸内環境を整えること
・活動量を増やすこと

これらが消費を増やすことにつながると言われています。

 

まとめ

ダイエットは体脂肪を落として痩せること。

そのために必要なのは、カロリー収支をマイナスにすることです。

 

次回以降は更に詳しく

「どうやって摂取カロリーを減らせばいいのか」

「どうやって消費カロリーを増やせばいいのか」

などを書いていきます。

お楽しみに!

 

 

吉田

 

LINEはじめました!友だちになると500ポイントプレゼント!

友だち追加

 

店舗情報

Re.Ra.Ku 小田急マルシェ伊勢原店

TEL:0463-75-9520
住所:〒259-1132 神奈川県伊勢原市桜台1-1-7 小田急マルシェ伊勢原A棟2階
営業時間:平日11:00~21:00 
      土日祝10:00~21:00 ※最終受付20:00
▼HPからのご予約はこちら▼
▼ブログのバックナンバーはこちら▼