こんにちは!

Re.Ra.Ku駒込東口店です(*´▽`*)

 

今回はタイトルどうり睡眠中の質についてお話させていただきます(^^)/

現在、日本人の5人に1人は、睡眠時に何らかの障害を抱えているとされています。時間が不足しているばかりか、内容にも問題があると考えられる睡眠。しかも睡眠不足は、高血圧糖尿病動脈硬化といった生活習慣病の原因になるともいわれています。

 

睡眠中は、深い眠りの「ノンレム睡眠」と浅い眠りの「レム睡眠」を繰り返しています。

レム睡眠中には基本的に筋肉は動かないようになっていますが、脳は活動をしており夢を見ています。

そして一晩にノンレム睡眠とレム睡眠を4~5回繰り返します。ノンレム睡眠にはレベルがあり、最も深い眠りを得られるのが最初の1~2回。つまり寝入ってから約3時間の間に深い眠りノンレム睡眠に達すれば、脳もカラダも休ませることができるため、朝起きた時に「ぐっすり寝た」という満足感を得ることができるのです。

 

また、寝入ってから2~3時間後に分泌されるのが成長ホルモンです。「これ以上身長が伸びるわけではないから、成長ホルモンが分泌されなくても関係ない」と思っていたらそれは大間違いなのです!

成長ホルモンは単に「成長」を促進させるだけでなく、「細胞の修復」や「疲労回復」に役立っています。

明け方になると、成長ホルモンに代わってコルチゾールというホルモンの分泌が高まります。コルチゾールは、体内に蓄えられた脂肪をエネルギーに変えるホルモンで、体が目覚める準備を始めるのです。睡眠の質がよくないと、成長ホルモンが十分に分泌されないうちにコルチゾールの分泌が高くなってしまいます。睡眠が不足しているなぁ」と感じた翌朝に、肌のコンディションがよくないと感じたことはありませんか。それは、成長ホルモンが十分に体にいきわたっていないからかもしれません。

 

明け方のお身体のお疲れは睡眠によるのかもしれませんよ。

これを期に睡眠の質にも気を配ってみて下さいね(≧◇≦)

 

ご予約はこちらから!
   ↓ ↓ ↓
駒込東口から徒歩1分♪

Re.Ra.Ku駒込東口店

TEL:03-5972-4000

【営業時間】11:00~21:00

【最終受付】20:30(30分のみ)

【電話番号】03-5972-4000

*マッサージよりも肩甲骨ストレッチのリラク*