今日は夏に食べると体にいい夏野菜を紹介したいと思います。

TV番組の「林修の今でしょ講座!」で取り上げられたくらいですから間違いないです。(笑)

第5位 枝豆

クーラー病や夏バテに効果がある野菜です。

枝豆とは大豆の未熟果で、大豆と野菜の両方のよさを兼ね備えた野菜なんです。野菜なのにタンパク質が豊富で、和牛のばら肉よりもタンパク質が多いんです。タンパク質とビタミンの両方を摂ることができる食材なんです。

また、ビタミンB群の宝庫で、ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸といったビタミンが含まれています。ビタミンB群は自律神経を整えることにつながると期待できる栄養素です。クーラー病は自律神経が乱れることで引き起こされる症状なので、自律神経を整える枝豆はとてもいいんです。

ただし、ビタミンB1はアルコールで消耗され炭水化物の代謝に必要な栄養素です。適量は人それぞれなので、食べ合わせに気を付けてください。

おすすめレシピ

枝豆としらすのパスタ材料(1人分)

枝豆 100g しらす 100g

パスタ 80g にんにく 1かけ

鷹の爪 1本  オリーブオイル・塩 適量

枝豆はビタミンB12が含まれていないのでしらすで補うことでバランスのとれた1品になります

第4位 ゴーヤ

脳梗塞などの血管疾患に効果があるのが「ゴーヤ」です。

ゴーヤにはチャランチンとモモルデシンという成分が含まれています。なんとこの成分には血糖値を下げる効果があるんです!!血糖値が高い状態が続くと血管がもろくなって詰まりやすくなってしまいます。糖尿病などで血糖値が気になる方にもおススメの食材です。

おすすめレシピ

ゴーヤの素揚げ

鰹節には苦みを抑える効果があるので上にかけるのがおすすめです。

ゴーヤの苦み成分は水に溶けやすい成分なので、油で揚げることで苦みも感じにくく成分を逃さず接種できるんです。

また、ワタの部分は実の部分よりのビタミンCが1.7倍含まれているので、素揚げならワタの部分までおいしく食べることができます。

また、酢醤油で食べるのがよりよい食べ方で、酢に含まれる酢酸には血糖値の上昇を抑える働きがあります。

第3位 オクラ

夏に弱りやすい胃腸対策に最適なのがオクラです。

オクラのねばねば成分は水溶性食物繊維と糖たんぱく質から成るもので、胃腸の壁をバリアして守ってくれるんです。

おすすめレシピ

オクラそうめんの温泉卵乗せ

そうめんは消化に優しく、温泉卵は生卵寄りの消化・吸収が早いので胃腸にとてもいいです。

また、豆腐の上にのせて食べるのもおすすめです。

第2位 赤パプリカ

赤パプリカは夏の紫外線対策に最適な野菜です。

ピーマンやししとうと同じ辛みが少ない唐辛子の仲間で、その中でも突出して栄養素が豊富なんです。赤い色素成分で抗酸化力の強い成分であるカプサンチンとビタミンCが豊富なので、夏の紫外線に効果があるんです。ビタミンCの量も夏野菜の中でダントツに多いのが特徴です。

ビタミンCはメラニン色素が過剰に発生するのを抑える効果があるので、Wで紫外線に効果があるということなんです。

おすすめレシピ

夏野菜たっぷりカレー

トマト(リコピン) なす(ナスニン)

赤パプリカ     クミン(クルミン)

とすべてに抗酸化物質が含まれています。

パプリカに含まれるカプチン&ビタミンCは加熱しても壊れにくく油で吸収率もアップするのでカレーは最適な食べ方なんです。

第1位 明日葉

あしたばはセリ科の植物で、今日積んでも明日には芽を出していることから明日葉と命名されたと言われています。カルコン類という成分が体脂肪の蓄積に効果があるんです。

また、血中の脂質・コレステロールなども抑えてくれるという働きも期待できます。

主な成分としては、

・食物繊維・・・・メタボ対策に期待  ・ビタミンB2・・・・脂質の代謝を上げる

・カリウム・・・・むくみ症対策に期待 ・ビタミンK・・・・骨粗鬆症対策に期待

といった成分が豊富です。

おすすめレシピ

明日葉スムージー材料(1人分)

あしたば 2本 ヨーグルト 70g 豆乳 250g バナナ 1/4本

レモン汁 1/4個分 はちみつ 大さじ1杯

ヨーグルトの乳酸菌が腸内環境を整え、豆乳の大豆たんぱく質がコレステロールなどを抑える効果があります。ぜひ、試してみてください

ReRaKu目黒
平日  13:00~22:00(最終受付21:00)
土日祝 12:00~22:00(最終受付21:00)
TEL...03-3491-0212
住所...東京都目黒区下目黒1-1-14 コノトラビル8F