こんにちは!日に日に日焼けで黒くなっている野村です。

 

さて8月になり、夏本番!と思いきや、長寿台風5号の影響で7月末からどんより曇り空が続いています。

寝苦しい夜が続いていますが、真夏の夜のエアコンの使い方について、先日テレビで特集していました。

おおっ、やっぱりそうなの?と思うことがありました。

 

冷房かドライ(除湿)か? 結構判断で悩んでいたのですが、実は除湿のほうが温度を下げてしまうので、就寝中は特に冷え過ぎになってしまう可能性が!

つまり寝るときは少なくとも「冷房」設定が良い、とのことです。

一般的に言われている設定温度は27度や28度です。

ですが、この温度も必ずしも適温ということではなく、数字としての認識で世間に広まってしまった為、暑く感じる人も多いそうです。

従いまして、その人に合わせた温度が良いとのことでした。27~28度は私にとっては暑いので、私は25度にしています。

クーラーをタイマー設定にしている方も多いかと存じます。つけっ放しにして寝ると体には良くないとの定説もありますね。

朝まで爆睡できるのであればそれでよいのですが、タイマーが切れると暑くなり目が冷めてまたエアコンをかける、の繰り返し、の日もあります。

途中で目が覚めることになりますから結局熟睡出来ませんし、眠りも浅いまま、翌日はだるくて眠い、ということも。

ですからこの場合はむしろエアコンはつけっぱなしの方がいいということです!

つけっぱなしの方が急激に温度を上げる必要がないので電気代も安く済むそうです。

冷風が体に直接当たらないように、エアコンの羽の角度は上方向にして、タオルケットや軽めのお布団を用意しましょう。

 

(就寝時のエアコンについてのまとめ)

・エアコンは除湿ではなく冷房設定で

・設定温度はその人に合わせた温度で

・熟睡と電気代のためにつけっ放しにしておく

・冷風が体に当たらないようにエアコンの羽の角度を上方向に

 

2017年の夏もぐっすり熟睡して元気に乗り切りましょう!

 

 

 

Re.Ra.Ku 南千住店(リラクミナミセンジュテン)

◆南千住駅西口より徒歩でお越しの場合
JR常磐線、日比谷線、つくばエキスプレス 【南千住駅西口】から徒歩30秒!
西口を出てすぐ目の前のアクレスティ1Fにございます。