こんにちは!Re.Ra.Ku武蔵小山店の小川です。

朝と夜の気温差が激しくお疲れの方がたくさんいらっしゃると思います。
昔から桜の咲く季節は気候が安定しないといわれています。(花冷えという言葉があるそうですね。)体調を崩さない為にも春の最適な過ごし方を予習していきましょう!

①寝すぎない
「春眠暁を覚えず」といった様に春はいつも以上に眠くなる季節 ですが! 寝すぎてしまうと日の光を浴びる時間もその分短くなってしまいます!せっかく身体に活力を与えてくれる春の日差しがもったいない!早起きして朝日を浴び、更にゆっくりと深呼吸を10回ほどするだけでも自律神経を整えるのには効果的です。

②しめつけない
春は冬の間に貯めたエネルギーを外に放出する季節です。また、外の新鮮な空気を身体いっぱいに取り入れる為に服装はゆったりしたものを選ぶのが◎!ちなみに髪もあまりギュッと縛らない方が更にリラックスできますよ。

③溜め込まない
冬は寒さから身を守る為にも食事などでエネルギーを溜め込みがち・・・春はそんな溜まりに溜まったものを放出するのに最適です。汗をかく運動はもちろん、食事も工夫できることがいっぱいあります!食前、食中に濃い目の緑茶を飲むようにしましょう。苦味は体内の毒素を排出する効果を多く含んでいます。春の旬野菜である菜の花やアスパラガス、ふきのとうなどを取り入れることで新陳代謝UPも期待できますよ!(ちなみに私は菜の花とニンニクの炒め物を推します。)

いかがでしょうか。
良くも悪くも変化の多い春の季節。今のうちから身体を整える準備、始めていきませんか?