皆さんこんにちは!!
もう10月か( ゚Д゚)!!早いな~としみじみ思う芳沢です!!
皆さんはいかがお過ごしでしょうか???10月と言えばハロウィン、食の秋、運動会、体育祭などのイベント盛りだくさんですよね(笑)
皆さんは何か楽しみにしているイベントはありますか????

さっ、今回は10月定番のハロウィンの事について書いていこうと思います(”ω”)ノ
日本でもハロウィンの時期は仮装やイベントで町中がとても盛り上がりますよね(笑)
 
ハロウィンの起源は、古代ケルト人の信仰する宗教儀式「サウィン祭」に由来しているという節が有力だそうですです。
古代ケルト人にとって、10月31日は、日本でいうところの大晦日、1年の最後の日に当たり、10月31日の夜から年が明ける11月1日にかけて、祖先の霊がやってくると信じられていました。
祖先の霊と同時に、悪霊や魔女もこの世にやって来て災いをもたらすと考えられていたので、10月31日の夜には、身を守るために仮面をかぶり、作物を供え、動物の生贄を差し出し、魔除けの火を焚いて悪霊を追い払う儀式を行うようになったという事です。
 
では、なぜ古代ケルト人ゆかりの「サウィン祭」が、「ハロウィン」に変わったのでしょうか?
それは、ケルト人がキリスト教徒に侵略され、キリスト教が普及したことによります。
カソリック協会は、古代ケルト人の「サウィン祭」の習慣を快くは思いませんでしたが、根絶するのではなく、都合の良い様に手直しして自分たちの宗教に取り入れようとしました。
「サウィン祭」が、11月1日のカトリック教会の祭日諸聖人の日(All Hallows)」の前日であったことから、「ハロウィン(Hallows Eveが変化)」と、呼ぶ様にしたのでは、と言われています。とはいえ、カトリック教会にとっては、「ハロウィン」は古代ケルト人のお祭りが起源のため、祭日である「諸聖人の日(All Hallows)」とは差別し、前夜祭を意味する「ハロウィン」はカトリックの宗教行事として扱いませんでした。
こうして、宗教的な意味合いの強かった「ハロウィン」は民間行事という意味合いに変わっていったそうです。
さて、今年も高田馬場店では、ハロウィンイベントでスタッフ一同仮装して皆様のご来店をお待ちしておりますので、皆さまのご来店お待ちしてま~す!!(o_ _)o))