いつも心に笑顔と筋肉を。

リラク小田急マルシェ伊勢原店の吉田です。

 

今日は普通の日記記事です。

 

先日初めて日焼けサロン通称日サロに行ってきました。

日焼けサロンとはその名の通り、人工的に紫外線を浴びて日焼けをする施設のこと。

↑こんな感じの棺桶みたいなマシンにサンドイッチになって

↑紫外線を浴びます。

(写真はWikipediaから引用)

 

紫外線を浴びるって、なんかもう健康的には最悪なイメージですね。

お肌に悪影響があるのかどうか、それはまだ僕にはわかりません。

 

日サロでどのくらい焼けるのか

日焼けサロンは、一度行っただけで小麦色の肌を手に入れられるわけではありません。

何度も通うことで、少しづつ肌が黒くなっていきます。

このあたりは疲れにくい身体をつくっていくリラクと同じですね。身体の変化は1日にしてならず。

 

初めて焼く人だと、初めの4回目くらいまではとにかく弱いマシンで短時間焼いて下地を作って行きます。

ある程度焼けてきたら肌が紫外線に慣れるので、少しずつ時間を伸ばしたり、強いマシンに切り替えたりすることが出来ます。

 

まずはこちらの画像が、日サロに行く前の吉田。

もともと肌が白く、日焼けしても赤くなってしばらくするとほぼ元に戻る肌質です。

白いですね。

 

では日サロに通うとどうなるのか

7回通った吉田がこちら

お分かりいただけただろうか。

若干画像編集をして劇的な変化に見せようとしているいることが。

並べるとこんな感じです。

いやまあ確かに黒くなってるんですけど、こんなもんかって感じですね…。

 

美白から小麦肌へ 初めて日サロに行くときの注意点

今日はついでに肌の白い人が日サロに行くときの注意点をまとめてみます。

 

注意点1 めっちゃ短時間から始める。

肌の白い人は、日サロに行ってもなかなかすぐには焼けません。

上の写真を見るとわかりますが、7回行ってもあんなもんです。

一気に焼こうとしてもムリですから、根気強くやっていきましょう。

 

日焼けサロンでは、焼く時間とマシンの強さを選べます。

僕が行っているところは「30分」「45分」「60分」から選べて、途中で出ても問題ありません。

マシンの強さは3段階あります。

 

僕は初め、一番弱いマシンで30分入りましたがこれが大きな間違いでした。

肌の白い人は、初めは30分も入ったらダメです。

 

やけどしますよ!

 

いやほんと、文字通りやけどです。

全身真っ赤で服を来ているだけでもかなり痛い。

脚なんてむくみ過ぎてパンパン。全身の水ぶくれで体重が2キロ増えました。

そんな状態が約5日感続き、その後は全身とにかく痒くて仕方ない日が2日。

もう地獄の様な毎日でしたね。

 

痛くなるのが嫌な人は10分~15分から始めるのがベストです。

 

必ず弱いマシンから

さっきのくだりでわかると思いますが、日サロ舐めてたら痛い目みます。

マシンの強度は、必ず弱いマシンからスタートするのがベストです。

でないと多分地獄をみます。

 

ただ寝てるだけだとムラになる。

意外と重要なのが、小まめな体勢変更。

日焼けマシンには、立ったまま入るマシンと、寝て入るマシンがあります。

寝て入るマシンの場合は、特に焼きムラに注意が必要です。

身体の出っ張っている部分やお腹、背中、お尻は焼けやすいですが、脇やデコルテ、肩、背骨周辺などはかなり焼けにくくなっています。

ずっと体勢を変えずに寝ていると、えらいムラになってしまうので注意が必要です。

数分おきには体勢を変えると綺麗に焼けます。

 

以上、元美白男子の日サロレポートでした。

 

この記事を書いた人 -Writer-

Re.Ra.Ku 伊勢原店のマッチョ担当。得意な施術は横向きでの肩甲骨の手技。
好きなこと:筋トレ、アニメ、お絵かき
パワーリフター&ボディービルダーを目指す肉体派セラピスト。

 

 
 

 

企業情報

私たちRe.Ra.Ku はリラクゼーションスタジオを運営しております。

揉みほぐし×リラクゼーション

だけでなく、経験豊富なスタッフがあなたのお悩み解決をサポートいたします。

例えば、身体をしっかりとほぐすことで背筋も伸び、後ろ姿にも良い影響を与えます。

皆様のご来店を心よりお待ちしております♫

 

周辺店舗はこちら

Re.Ra.Ku ららぽーと湘南平塚店

Re.Ra.Ku ミスターマックス湘南藤沢店

Re.Ra.Ku ルミネ藤沢店