こんにちは、こんばんは、ごきげんよう!

野方店の小原です!

 

昨日とは打って変わって、本日は晴天!

天候がコロコロ変わりやすく

それもまた体調や疲れに影響を与えそうですね

 

そんな今回のブログは

疲労を回復させる食事・食べ物・食材

というのを紹介していこうかなと思います。

 

疲れたときには、栄養豊富な食事で体力回復を目指したいところ。

しかしどうせなら、科学的に疲労回復効果が認められている食べ物で、より効率的に疲れをとりたいものですよね。

 

まずは疲労回復をサポートしてくれる栄養素と、その栄養素を多く含む食材を紹介します。

なかなか疲れが抜けないな…と思ったら、ぜひ、以下の食材を使った料理を試してみてください。

 

(1)タンパク質

強いストレスを受けると、タンパク質の消費量が増加します。

ストレス、疲労の酸化ダメージで傷ついた細胞を修復するためにも、タンパク質は適宜補給したいところですね。

タンパク質は、肉類、魚類、大豆、卵などに多く含まれています。

 

(2)ビタミンB1

糖質(炭水化物)をエネルギーに変換するのをサポートしてくれる栄養素です。

疲労回復ビタミンと呼ばれることもあり、疲れたときに最適な栄養素の1つと言えます。

ビタミンB1は、豚肉、タラコ、青のり、シャケ、アスパラガス、菜の花などに多く含まれています。

 

(3)パントテン酸

ストレスへの抵抗を強めて、疲れにくい身体をつくるのに役立ちます。

以前はビタミンB5と呼ばれたこともありましたが、現在はパントテン酸と呼ぶのが一般的です。

パントテン酸は、納豆やレバー、ハチミツ、シャケなどに多く含まれています。

 

(4)マグネシウム

感情を安定させ、心理的ストレスを受けにくくする働きがあります。

精神的な疲労を回復するための栄養素と言えます。

マグネシウムは、海藻、ゴマ、ナッツ類、ホウレンソウ、牡蠣などに多く含まれています。

 

(5)カルシウム

精神的な安定をもたらし、ストレスを受けにくい状態を保つのに必要です。

マグネシウムと併せてバランスよく摂取することが大切です。

カルシウムは、乳製品や小魚、大豆などに多く含まれています。

 

(6)クエン酸

身体のエネルギーとなるアデノシン三リン酸(ATP)を生み出すクエン酸回路を活性化させる働きがあります。

肉体疲労、精神疲労の双方に有用と考えられます。

クエン酸は、柑橘類、梅干しなどに多く含まれています。

 

掲載元:http://yururila.com/magazine/healthcare/24643

 

以上の栄養素をバランスよく摂取することが

疲労回復にはうってつけなようです。

しかし、この各栄養素の含まれている食材一覧をよく見てみると

6分の3の栄養素を納豆からとることができるのでは、、、

付け合わせにゴマやタラコをプラスし

デザートに柑橘類など食べれば完璧では、、、(浅はか

如何せん、納豆は最強の食材だということがわかりますね!

僕もほぼ毎日食べてます。

 

ぜひ疲れを感じてきたら、以上の栄養素を意識しながら

バランスの良い食事をしていきましょう!

 

——————————————–

Re.Ra.Ku 野方店

電話番号 03-5327-8852住所〒165-0027
中野区野方5-30-21 D・B野方1F

営業時間 【平日・土曜】11:00-21:00  【日曜・祝日】10:00-20:00
——————————————–