こんにちは、こんばんは、ごきげんよう!

野方店の小原です!

 

6月3日、本日は旧ムーミンの日だそうですね。

ムーミンのアニメにアフレコしてみたっていう動画が

凄く面白かった思い出があります(全然関係ない

 

そんな今回のブログは、以前栄養素の高い野菜の話をした続きで

モロヘイヤの美味しい食べ方&レシピ

を紹介しようと思います。

改めて、少しだけモロヘイヤのことを説明していきましょう。

モロヘイヤは、6月から9月にかけて、今の時期がまさに旬で、

他の野菜よりも栄養素が圧倒的に多く含まれており、とっても注目されています。

 

まず気になるカロリーは、約100gで38キロカロリーです。
モロヘイヤは「カロチン」を多く含みます。

これは、ホウレンソウの4.6倍、ブロッコリーのなんと19倍にもなります。

カロチンは老化の原因でもある活性酸素を除去する働きが強く、

紫外線などの老化からも守ってくれるのです。

綺麗な肌を保つためには嬉しい栄養素ですよね。
そして特筆すべきはカルシウム!緑黄色野菜の中で実質第1位の含有量を誇ります。

普段食べることの多い他の緑黄色野菜と比べてみると、

ほうれん草の9倍、ブロッコリーの10倍なんです。

ちなみに、ゆでると含有量が3分の2ほどになってしまうのですが、

それでもほうれん草の6倍だと考えれば十分なほどですよね。
カルシウムにはイライラや過敏症を抑えてストレスを緩和する働きや、

女性に多い骨粗しょう症対策にも不可欠な栄養素です。

そしてもちろん身体の成長や発達にも重要なのはみなさんご存知だと思います。
その他、食物繊維、ビタミンB2、ビタミンC、カリウム、鉄分等を含みます。

 

モロヘイヤの美味しい食べ方

いよいよモロヘイヤの美味しい食べ方の紹介です。

やはり、他の青菜と同じように、お浸しや和え物、お汁の実、炒め物、天ぷらにするのがオススメです。
たたいてとろろや納豆に混ぜて生でいただくのも美味しいですよ!
他にも、オススメしたいモロヘイヤのレシピがあるので、ご紹介します。

 

モロヘイヤを使った簡単レシピ

 

☆モロヘイヤと豚肉のロール巻き

豚薄切り300g
モロヘイヤ 適量
マヨネーズ大1
みりん大1
めんつゆ(3倍濃縮使用)大2
カレー粉小1/4~
にんにく(チューブ) 1cm

【作り方】
<1>
モロヘイヤを洗って水気をとる。
<2>
豚肉を広げて、モロヘイヤを4~5枚のせて巻く。
<3>
フライパンを熱して2を焼く。
<4>
色が変わってきたら調味料を入れて絡めながら焼く。

ちょっと変わったモロヘイヤの豚肉巻き。
豚肉のビタミンと、栄養価の高いモロヘイヤの相乗効果で元気になること間違い無しです!

 

☆モロヘイヤとトマトのサラダ

【材料】
モロヘイヤ 適量
トマト 大1個
わかめ適量
たまねぎ 半分
麺つゆ適量
おかか適量

【作り方】
<1>
モロヘイヤは、サッと茹で食べやすい大きさに、切ります。
トマトは、湯剥きし、食べやすい大きさに切ります。たまねぎは、スライスします。
<2>
ボールに、材料をいれ、混ぜます。麺つゆで味を調え、おかかをのせて出来上がりです。

こちらは手軽にさっとできる【モロヘイヤとトマトのサラダ】。色合いもキレイで、見た目も美味しくいただけるレシピ。

 

☆モロヘイヤのおひたし

【材料/2人分】
モロヘイヤ 1束(100g)
削り節 適宜
塩 しょうゆ

【作り方】
モロヘイヤは葉先を摘み、塩少々を入れた湯でさっとゆでて水けを絞り、ざく切りにする。
器に盛り、しょうゆ適宜をかけて削り節をのせる。
熱量25kcal、塩分0.4g(1人分)
時間5分

おひたしは和定食のつけたしとしては一番シンプルで美味しくいただける簡単なレシピ。

いつもの夕飯につけたしてみてはいかがでしょうか。

 

☆モロヘイヤとオクラのおひたし

【材 料(3人分)】
モロヘイヤ1袋
オクラ2本
かつお節適量
味ポン、醤油など適量
<1>
鍋にお湯を沸かし、ひとつまみの塩をいれて、オクラを茹でる。オクラを取り出したら、次に洗ったモロヘイヤを入れて、軽く茹でる。
<2>
茹であがったら、冷水に取って粗熱を取る。固く絞って、茎の方は5mm幅、葉の方は1cm幅に刻む。
<3>
刻んだモロヘイヤを、軽くたたきながら、返し混ぜ、粘りを出す。オクラは輪切りにする。
<4>
器に、モロヘイヤを盛り付け、オクラをのせる。
かつお節をかけて、食べるときに味ポン(醤油)をかける。(軽く混ぜて食べます。)
【おいしくなるコツ】
モロヘイヤは刻んだら、たたきながら返し混ぜて粘りを出すのがポイント☆
食べるときに、味ポンをかけて、軽く混ぜて頂きます。

こちらはオクラを入れて、ネバネバ系のモロヘイヤおひたし。

普通のおひたしじゃ物足りないという方にはオススメのレシピ。

☆モロヘイヤの梅和え

■材料(4人分位)
モロヘイヤ…1/2袋
オクラ…3本
ミョウガ…3ケ
梅干し…2ケ
鰹節…2g
しょう油…3滴ほど

■つくりかた
[1] モロヘイヤとオクラはさっと茹でて、細かく刻む。ミョウガも刻む。梅干しは種を取り叩く。
[2] 鰹節も加えよく混ぜる。味をみてしょう油をたらす。

これからの季節におすすめな一品。
ミョウガの味がきいてとっても美味しそうです♪

 

☆モロヘイヤとなめこの味噌汁

■材料(3~4人分)
なめこ…小1P
豆腐(できれば絹おすすめ)…1/2丁
モロヘイヤ…1/2束
味噌…大さじ1~2
だし汁…500cc

■つくりかた
[1] モロヘイヤは洗って太い茎を取り、ざく切り。
豆腐はさいの目切り。
[2] なべにだし汁を沸騰させ、中火くらいにしてモロヘイヤを加える。再度沸騰したらなめこを加える。
[3] 味噌を溶き入れ、豆腐を加えたら沸騰直前で火を止めて完成。

 

日本人ならほぼ毎日食べる味噌汁ですが、バリエーションの一つにモロヘイヤを加えるのはいかがでしょうか?

 

モロヘイヤは、それほど知名度は高くありませんが、

実はこんなにもたくさんの栄養素が含まれている野菜だったんです。

今回は6品のレシピをご紹介しましたが、他にもいろんなレシピに応用できそうですね!
是非、あなたの食生活にもモロヘイヤを取り入れてみてくださいね!

 

掲載元:http://yururila.com/magazine/beauty/11499

 

今後のブログでも、他の野菜のレシピを紹介していきますので

そちらもお楽しみに!!

 

——————————————–

Re.Ra.Ku 野方店

電話番号 03-5327-8852住所〒165-0027
中野区野方5-30-21 D・B野方1F

営業時間 【平日・土曜】11:00-21:00  【日曜・祝日】10:00-20:00
——————————————–