世間は夏休みシーズン。夏と冬だったら断然夏派のRe.Ra.Ku西友東陽町店カサハラです。

去年は年中夏を求めて冬場は南半球にいました。

 

いやー、今が一番嬉しい時期ですね!!

しかし街中を行く方々を見ると…

 

…ちょっと夏バテ?

だるそーうに歩いている方をよく見かけるようになりました(;´∀`)

 

こんな時こそ、姿勢だけはシャキッとしませんか?

姿勢が変われば心持ちも変わるっ!よっしゃー!!夏最高!!!ということで

前回の座り方チェックに引き続き、今回は歩き方チェックをやってみましょーー!

 

 

まずは現状からのチェッキングです。普段履き慣れている靴底をみてみましょう。

靴底はどんな減り方をしていますか?以下にあてはまる人は要注意!

いろんなリスクを背負った歩き方をしていますよー!

 

・靴底の外側が減る

→がに股、O脚の傾向が。足の外側に重心がかかり、外側の筋肉が無駄に発達して脚が太くなる可能性も!

 

・靴底の内側が減る

→内股。X脚の傾向が。かかとと小指の付け根で体重を支えているのでタコや魚の目ができやすい!

 

・靴底のつま先部分が減る

→つま先に重心をかけるため、外反母趾になる可能性が!

 

・靴底のかかと部分が減る

→がに股の傾向が。かかとから着地して足の裏全体をひきづって歩く癖があるので、体全体を使って歩くことができていないかも…

 

・靴底の左右どちらかだけが減る

→重心が偏っている傾向が。身体のゆがみが生じているかもしれません。

 

全ての傾向に言えるのが、膝や腰に変な負担がかかるため腰痛などの痛みの原因になるリスクを持ってるということです。大変だー!

 

理想的な靴底の減り方は

靴の親指の付け根にあたる部分と、かかとの部分の両方が左右同じように減っている状態。

この場合は正しい歩き方ができていると言えます。

正しい歩き方ができていると、日常生活からちゃんと運動ができている状態になるというメリットも!!!

これはちゃんと実践していきたいですね。

 

それでは正しい歩き方とは!?

まずは正しい立ち姿勢を作りましょう。

①目線を少しだけ上に(普段より2cm上を意識するとより綺麗な姿勢になります!)

②あごは軽くひく

③重心はかかとへ

④背筋を伸ばし、肩甲骨を軽く後ろに寄せるイメージで

 

これができたら、歩く!

①10~15m先のものを見るつもりで踏み出す

②踏み出したら膝を伸ばす

③かかとから着地し、かかと→足の裏→つま先と体重移動

④つま先で地面を蹴る

⑤腕は後ろにひきながら。肩甲骨を後ろにひくイメージで動かす。

 

…意外と意識することがたくさん!

難しいってかたは、まずは正しい立ち姿勢だけでも意識してみてください!

 

正しく歩くことは、自分の健康状態を見直す第一歩!

ぜひ実践してみてくださいねー!

 

そしてたくさん歩いたら、Re.Ra.Kuのボディケア&フットケア(‘ω’)ノ

よりよい身体づくりを一緒に目指していきましょー!

 

 

ではみなさま、残りの夏も楽しんでください☆

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Re.Ra.KU西友東陽町店では

「肩甲骨ストレッチ」を取り入れたボディケア、足裏やふくらはぎのお疲れをケアするフットケアで

「疲れを溜めない身体作り」をサポートします!

疲れが溜まって力が出ないお勤め帰りのアナタ!子育てや家事に追われて自分の時間を持てないアナタ!

ぜひお待ちしてます!

 

東京都江東区東陽町4-12-30 西友3F

西友3Fエスカレーターのぼってすぐ!

03-6666-6722

※2017年8月12日、13日は夏季休業日です。