こんにちは!

Re.Ra.Ku日本橋店です(=゚ω゚)ノ

気候はすっかり秋の模様ですが、日差しは夏のまま。。。

ショッピングモールを見ると、秋物のコートや服が陳列されていますが、

まだ袖を通すには早そうです。

こう、安定しない気温や気候ではどんな服装にしたらいいのか

困ってしまいますね。。。

身体も気温や気候に合わせて

日々調整をしてがんばっています。

例えば、熱ければ汗をかいて体温を下げようとしたり、

寒くなると、血管を締めて放熱を抑えたりと、

さまざまな調整を行っています。

気温の変化は身体にさまざまな悩みをもたらします。

その一つに挙げられるのが、

睡眠です。

そして、睡眠と深く関係があるのが、

体温です。

1日の体温の動きは、大きく分けて2つの仕組みによって調節されています。

それが体内時計と、

もうひとつは熱産生放熱機構です。

体内時計は、

おでこの奥のほうにある脳の「視交叉上核(しこうさじょうかく)」という場所にあり、

体温リズムだけではなく、睡眠や目覚めなどの、

さまざまな生体リズムを作り出しています。

この生体リズムは、朝から昼、夜への1日の変化や、季節の変化に対し、

効率よく適応できるように体の状態を調節しています。

熱産生放熱機構の中心は、

耳の奥のほうにある脳の「前視床下部」という場所にあり、

体内時計が時間の進行とともに設定を変化させる

基準値に体温が近づくよう、

熱を作ったり、熱を体外に逃がしたりして体温を調節しています。

この2種類の仕組みによって、

体温は睡眠と目覚めのリズムを調節し、

睡眠もまた体温調節に関わっているのです。

人間の身体は夜になると体温が低くなります。

何故寝ると体温が低くなるのか?

私たちの体は、活動する日中は体温が高く保たれていますが、

眠りにつく時には、深部体温を下げることで

脳と体をしっかり休息させる仕組みがあります。

皮膚表面から熱を逃がすシステム(熱放散)が働くと、

深部体温(体の内部の温度)が下がり、

それに伴って体は休息状態になり眠気が訪れます。

深い睡眠の時ほど、体温は大きく低下します。

逆に、

冷え症の人が不眠になりやすいのは、

手足から熱が放出されにくいために、

深部体温が下がらないからです。

良質な睡眠がとれないと、

自律神経の働きが乱れて血行が悪くなり、

ますます体が冷えるという悪循環に陥りやすくなってしまいます。

そんな時は、

Re.Ra.Kuでほぐしてこられませんか?

手や足の冷えにはハンドケアやフットケアがオススメです(*^-^*)

全身しんどい方には、ボディケアで全身ほぐして、

血流促進を促してはいかがでしょうか???

ご予約はこちらから(彼岸花をクリック!!)

<予約専用TEL> 03-4540-6336

■周辺駅、観光名所からのアクセス■
【東京メトロ各線日本橋駅 A7 出口直結】
【コレド日本橋徒歩3分】【日本橋高島屋徒歩3分】
【各JR線東京駅日本橋口徒歩5分/東京駅八重洲北口徒歩5分/東京駅八重洲口徒歩7分】
【東海道・山陽新幹線東京駅日本橋口より徒歩5分】
【東京メトロ東西線大手町駅東改札徒歩7分/大手町駅B10出口へお進み下さい】
【東京メトロ丸の内線大手町駅東改札徒歩7分/大手町駅B10出口へお進み下さい】
【東京メトロ半蔵門線大手町駅東改札徒歩7分/大手町駅B10出口へお進み下さい】
【東京メトロ千代田線大手町駅東改札徒歩7分/大手町駅B10出口へお進み下さい】
【東京メトロ銀座線三越前駅A4出口徒歩4分】
【東京メトロ半蔵門線三越前駅A4出口徒歩4分】
【日本橋三越本店徒歩5分】【コレド室町徒歩5分】
【東京メトロ銀座線京橋駅より1駅 日本橋駅 A7 出口直結】
【都営浅草線宝町駅より1駅 日本橋駅 A7 出口直結】

――――――――――――――――――――――――――――――■□■
【マッサージよりも気持ちがいい! 肩甲骨ストレッチ】

Re.Ra.Ku 日本橋店
東京都中央区八重洲1-3-7
八重洲ファーストフィナンシャルビルB1F(モグモグキッチン内)
営業時間  平日12:00~21:00/土日祝10:00~19:00

<予約専用TEL> 03-4540-6336
<Mail>     salon.nihonbashi@reraku.jp
<HP(PC)>    http://reraku.jp/studio/nihonbashi/
■□■――――――――――――――――――――――――――――