★文字のピントが合わない(疲れ目)★

私たちは、目から情報の80~90%を得ているといわれ、物をよく見ようとピントを合わせるなどして常に働いています。

★疲れ目の原因は?★

!!目の酷使からくる疲れ!!

長時間のパソコン作業や手先の細かな作業、メガネやコンタクトレンズの度が合わない老眼(老視)など、様々な理由で目に負担がかけ過ぎると、目の中の細胞や筋肉が疲れてしまいます。

特にパソコンなどのディスプレイを長時間見続けると、目の酷使のほか、まばたきの回数が減り、目が乾いた状態になりやすく、さらに目が疲れやすくなります。

!!アイケアしましょう!!

まずは、目の休憩規則正しい生活を心がけ、目をいたわりましょう。

食事と休養のバランスをしっかりとりましょう。

長時間作業をする場合は、1時間おきに10分程度目を休めるようにしましょう。

疲れが溜まってきた時は、蒸しタオルホットアイマスクなどを当てて目を温め、リラックスしましょう。

メガネやコンタクトレンズをお使いの方は、定期的に度が合っているかチェックしましょう。

!!目疲れの食材を食べよう!!

疲れた時は食欲も落ちるものですが、食事で目の疲れと体の疲れ、両方の疲れをとりたい物ですね。
そんなあなたに、目に関わる栄養素をご紹介します!!

●ビタミン→角膜や網膜の働きを助け、涙の量を一定に保ってくれます。
(うなぎ、レバー、にんじん、小松菜、マーガリンなど)
●ビタミン→視神経の働きを活性化し、目の粘膜組織が生成するのに無くてはならないものです。
(牡蠣、アサリ、豚肉、レバー、マグロ、イワシ、納豆、バナナなど)
●ビタミン→水晶体の透明度を保つ為に不可欠なものです。目をリフレッシュさせます。(いちご、ブロッコリー、小松菜、かぶの葉、ミカン、赤ピーマン、菜の花、キウイなど)
●ビタミン→「ビタミンA」の吸収・働きを助けてくれます。
(サケ、サンマ、まいたけ、干しシイタケ、きくらげなど)
●ビタミン→血行促進に効果があり、老化を防いでくれます。
(たらこ、落花生、くるみ、アーモンド、ヘーゼルナッツ、かぼちゃ、うなぎなど)

!!姿勢に注意!!

パソコン使用時の姿勢をチェックしましょう。前かがみになって、画面に顔を近付けてキーボードを叩いていませんか?
書類と画面の距離が離れていませんか?
キーボードを一生懸命打つあまり、前屈みの姿勢になっていませんか?肩・首などにとても負担がかかり、目の乾燥も進めます。
画面を見上げて使用していると、目を大きく開けている状態のになり乾燥の原因となります。少々見下ろす位置に調節して、目の潤いを保つように心がけましょう。
書類と画面が離れていると、目の移動距離が大きく疲れの原因となります。書類フォルダーなどを使って、画面から大きく目が離れない様にしましょう。

当店では、アイヘッドハンドケアも行っています。 デスクワークでは、常にパソコン画面やスマホを見ることが多く、目に疲れが出ます。

又、デスク上に乗ったままになり細かいマウス操作やキーボードなども行う為、腕も疲れてきます。
全身を解した後に、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか

ご予約はこちらから!(メジロをクリック!)

   ↓ ↓ ↓
 <予約専用TEL> 03-4540-6336

 

■周辺駅、観光名所からのアクセス■
【東京メトロ各線日本橋駅 A7 出口直結】
【コレド日本橋徒歩3分】【日本橋高島屋徒歩3分】
【各JR線東京駅日本橋口徒歩5分/東京駅八重洲北口徒歩5分/東京駅八重洲口徒歩7分】
【東海道・山陽新幹線東京駅日本橋口より徒歩5分】
【東京メトロ東西線大手町駅東改札徒歩7分/大手町駅B10出口へお進み下さい】
【東京メトロ丸の内線大手町駅東改札徒歩7分/大手町駅B10出口へお進み下さい】
【東京メトロ半蔵門線大手町駅東改札徒歩7分/大手町駅B10出口へお進み下さい】
【東京メトロ千代田線大手町駅東改札徒歩7分/大手町駅B10出口へお進み下さい】
【東京メトロ銀座線三越前駅A4出口徒歩4分】
【東京メトロ半蔵門線三越前駅A4出口徒歩4分】
【日本橋三越本店徒歩5分】【コレド室町徒歩5分】
【東京メトロ銀座線京橋駅より1駅 日本橋駅 A7 出口直結】
【都営浅草線宝町駅より1駅 日本橋駅 A7 出口直結】

――――――――――――――――――――――――――――――■□■
【マッサージよりも気持ちがいい! 肩甲骨ストレッチ】

Re.Ra.Ku 日本橋店
東京都中央区八重洲1-3-7
八重洲ファーストフィナンシャルビルB1F(モグモグキッチン内)
営業時間  平日12:00~21:00/土日祝10:00~19:00

<予約専用TEL> 03-4540-6336
<Mail>     salon.nihonbashi@reraku.jp
<HP(PC)>    http://reraku.jp/studio/nihonbashi/
■□■――――――――――――――――――――――――――――