とこんにちは‼ Re.Ra.Ku日本橋店のタジマです(‘◇’)ゞ

オリンピック開会式まであと1日!

なんだか早かったような、遅かったような不思議な感覚です。

本日も太陽の日が暑すぎ、立っているだけで汗が滴ってきますね(;^_^A

こう暑いと、夏の睡眠の質も低下しやすくなります。

皆さんはベッドに入って、『さあ、寝よう‼』としても、なかなか眠りにつけないことってありませんか?

人は頑張って起きることはできても、頑張って眠ることはできません。眠ろうと考えてしまうと余計に覚醒してしまい、睡眠モードに移行できなくなってしまいます。

本日は、大切な『睡眠』について書いていこうと思います。

【焦りは禁物

眠りたい時間に身体を睡眠モードにさせるには、体内リズムを整えることが必要になります。

なかなか寝付けないときに「眠ろう、ねむろう。」と焦ると、頭は冴えてしまいます。覚醒から睡眠に移行するためには自律神経系交感神経優位から副交感神経優位に切り替わる必要がありますが、「眠らなければ」と考えていると緊張が高まり、交感神経が優位な状態へと進んでしまうのです。

こうなると、ますます眠れなくなるという悪循環に陥ってしまいます。

眠るために大切なのは、とにかくリラックスをすることです

【リラックスできる環境を作ろう】

良い睡眠をとるには、環境づくり大切です。

温度や湿度は寝付きに影響し、寒すぎると体温を保とうとして血管が収縮し、逆に、暑いと湿度が高くなり皮膚から熱が逃げられず、どちらも身体内部の温度が効率的に下がらないために寝付きが悪くなってしまいます

乾燥に気を付けながら、適度にエアコンを使いましょう。また、部屋の明かりは自分が不安を感じない程度の暗さが良いです。

【リラックスできる体勢】

リラックスできるオススメの体勢は、まず、ベッドの中で仰向けになります。

脚を肩幅程に開き、あごを軽く引きます。肩の力を抜いて、両腕は体から少し離した位置で、だらんとのばします。手のひらを上に向け胸を開き、背中がベッドに沈み込んでいくようなイメージで、全身の力を抜きます。

~まとめ~

ベッドに入っても眠れない時は無理して寝ようとしない。

それを繰り返すと、脳が「ベッド=眠れない場所」と記憶してしまい、眠りづらくなってしまう恐れがあります。「とりあえず横になる」のはやめましょう。

気持ちを切り替えていったんベッドを出たら、身体を興奮させないよう穏やかに過ごしましょう。

身体が緊張状態では、より良い睡眠は取れません。

Re.Ra.Kuで全身をほぐして 体の緊張を解き より良い睡眠をめざしましょう\(^o^)/

ご予約はこちらから(あじさいをクリック!!)

<予約専用TEL> 042-679-6384

■周辺駅、観光名所からのアクセス■
【東京メトロ各線日本橋駅 A7 出口直結】
【コレド日本橋徒歩3分】【日本橋高島屋徒歩3分】
【各JR線東京駅日本橋口徒歩5分/東京駅八重洲北口徒歩5分/東京駅八重洲口徒歩7分】
【東海道・山陽新幹線東京駅日本橋口より徒歩5分】
【東京メトロ東西線大手町駅東改札徒歩7分/大手町駅B10出口へお進み下さい】
【東京メトロ丸の内線大手町駅東改札徒歩7分/大手町駅B10出口へお進み下さい】
【東京メトロ半蔵門線大手町駅東改札徒歩7分/大手町駅B10出口へお進み下さい】
【東京メトロ千代田線大手町駅東改札徒歩7分/大手町駅B10出口へお進み下さい】
【東京メトロ銀座線三越前駅A4出口徒歩4分】
【東京メトロ半蔵門線三越前駅A4出口徒歩4分】
【日本橋三越本店徒歩5分】【コレド室町徒歩5分】
【東京メトロ銀座線京橋駅より1駅 日本橋駅 A7 出口直結】
【都営浅草線宝町駅より1駅 日本橋駅 A7 出口直結】

――――――――――――――――――――――――――――――■□■
【マッサージよりも気持ちがいい! 肩甲骨ストレッチ】

Re.Ra.Ku 日本橋店
東京都中央区八重洲1-3-7
八重洲ファーストフィナンシャルビルB1F(モグモグキッチン内)
営業時間  平日12:00~21:00/土日祝10:00~19:00

<予約専用TEL> 042-679-6384
<Mail>     salon.nihonbashi@reraku.jp
<HP(PC)>    http://reraku.jp/studio/nihonbashi/
■□■――――――――――――――――――――――――――――